大島の家づくり

家づくりとは何ぞや!

株式会社 大島の前身(大島工務店)は父が創業しました。

大工の棟梁の息子として生まれ、いつも職人の中にいました。

父は大工を育てるのを生きがいとし住み込みの見習いが常に四・五人いて、たくさんの大工を育ててきました。

子供の頃からいつも木の香りや材木を加工する音などを聞き職人に囲まれた生活をして来た私が父の跡を継ぎ、私もまた大工を育てています。

大島の家づくり

木造住宅を建てるには、どこの会社が造っても住宅のできばえは、ほとんどが大工の腕にかかっています。

大工を育てるには時間とお金がかかりますが、私の使命として一人でも多く世の中に送り出せればと思っています。


大島の家づくり

いま木造住宅を建てるのにプレカット加工がほとんどですが、プレカット加工と大工が墨付けをし、大工が加工した建物は、まだ歴然と差があります。機械ではまだまだできない加工や技がたくさんあります。


大島の家づくり

わが社は大工が土台・梁・柱・母屋その他木材に、建物を建てたときの木材の反り、張り、曲りなどを考え適材適所に墨付けをし、加工します。

こうして立てられた住宅は、骨組みが頑丈で長い年月狂うことなく将来の生活様式が変わったときには造改修も楽に行えると思っております。



このページのトップへ ▲